研究業績

HOME > 医療関係・研究者の方へ > 研究業績

2014年度研究業績

原著論文 | 著書・訳書 | 症例報告 | 報告書 | 総説 | その他
戻る

[その他]

染矢俊幸: 統合失調症患者の身体リスクと今後の対策. CNSフロンティア 2014年4月版: 1-3, 2014.

染矢俊幸: 精神科救急の重要性について. 新潟県医師会報 775: 1, 2014.

染矢俊幸: 発達障害を理解する: 高まるこころへの関心. 新潟日報 2014年11月14日版: 12, 2014.

染矢俊幸: 被災者のこころに寄り添って. 中越地震から10年 被災者のこころに寄り添って -新潟県精神保健福祉協会こころのケアセンターのあゆみ-: 1, 2014.

染矢俊幸: 「こころのケアセンター10年の活動記録」の発刊にあたって. こころのケアセンター10年の活動記録 ふるさとのこころを取りもどすために -被災者に寄り添った10年のあゆみ-: 2014.

林剛丞: 発達障害を理解する: 個性との線引き難しく. 新潟日報 2014年11月21日版: 12, 2014.

江川純: 発達障害を理解する: 成長による変化捉える. 新潟日報 2014年11月28日版: 12, 2014.

杉本篤言: 発達障害を理解する: 治療法確立へ研究進む. 新潟日報 2014年12月5日版: 12, 2014.

江川純: 発達障害を理解する: 阿賀野市は支援が充実. 新潟日報 2014年12月19日版: 12, 2014.

杉本篤言: 発達障害を理解する: 成人までの支援が必要. 新潟日報 2014年12月26日版: 12, 2014.

七里佳代: オピニオン: 学生の「五月病」通年化. 新潟日報 2014年5月3日版: 5, 2014.

豊島靖子, 横山裕一, 高橋均: Pallido-nigro-luysial atrophy. Clinical Neuroscience 32(11): 1210-1211, 2014.