研究業績

HOME > 医療関係・研究者の方へ > 研究業績

2017年度研究業績

原著論文 | 著書・訳書 | 症例報告 | 報告書 | 総説 | その他
戻る

[総説]

吉永清宏, 渡邉純蔵, 染矢俊幸: 第二世代抗精神病薬を内服中に授乳をする場合の乳児の薬物摂取量と影響について. 臨床精神薬理 20(1): 67-68, 2017.

井上絵美子, 渡部雄一郎, 江川純, 杉本篤言, 布川綾子, 澁谷雅子, 井桁裕文, 染矢俊幸: 自閉スペクトラム症多発罹患家系の全エクソームシークエンスおよびフォローアップ研究. 精神神経学雑誌 119(1): 3-8, 2017.

森川亮, 斎藤摩美, 染矢俊幸: 社交不安症に対するvenlafaxineの有効性について教えてほしい. 臨床精神薬理 20(3): 317-319, 2017.

保谷智史, 須貝拓朗, 染矢俊幸: 精神科診断学発展の長期展望. 精神科 30(3): 232-237, 2017.

渡邉晴香, 常山暢人, 染矢俊幸: 高齢の統合失調症患者において抗精神病薬の減量は可能か教えてほしい. 臨床精神薬理 20(5): 562-564, 2017.

有波浩, 小野信, 染矢俊幸: Clozapine投与による妊婦, 授乳婦, 児への影響について. 臨床精神薬理 20(7): 807-810, 2017.

福井直樹, 染矢俊幸: 精神科薬物治療が睡眠に与える影響. 臨床精神薬理 20(8): 859-865, 2017.

恩田啓伍, 渡邉純蔵, 染矢俊幸: Clozapineと尿失禁との関連について知りたい. 臨床精神薬理 20(9): 1069-1070, 2017.

田尻美寿々, 鈴木雄太郎: 高齢統合失調症患者の薬物療法 -特に糖尿病などの生活習慣病を見据えて-. 臨床精神薬理 20(10): 1113-1120, 2017.

橋尻洸陽, 斎藤摩美, 染矢俊幸: ω3脂肪酸は自閉スペクトラム症に有効か? 臨床精神薬理 20(11): 1307-1309, 2017.

田尻美寿々, 鈴木雄太郎: 向精神薬と高齢者 -注意点と副作用をふまえた安全な処方のために- 2. 抗うつ薬. 認知症の最新医療 (印刷中).

BACK TO TOP