研究業績

HOME > 医療関係・研究者の方へ > 研究業績

2017年度研究業績

原著論文 | 著書・訳書 | 症例報告 | 報告書 | 総説 | その他
戻る

[報告書]

江川純, 杉本篤言: 児童・青年期患者における気分安定薬の副作用. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)長寿・障害総合研究事業 「発達障害を含む児童・思春期精神疾患の薬物治療ガイドライン作成と普及」 平成28年度委託研究開発報告書: 220-228, 2017.

林剛丞, 杉本篤言, 江川純: 児童・青年期患者における抗うつ薬の副作用に関する研究. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)長寿・障害総合研究事業 「発達障害を含む児童・思春期精神疾患の薬物治療ガイドライン作成と普及」 平成28年度委託研究開発報告書: 229-241, 2017.

折目直樹, 杉本篤言, 江川純: 児童・青年期患者における抗精神病薬の副作用についての研究. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)長寿・障害総合研究事業 「発達障害を含む児童・思春期精神疾患の薬物治療ガイドライン作成と普及」 平成28年度委託研究開発報告書: 242-261, 2017.

杉本篤言, 江川純: 児童・青年期患者におけるADHD治療薬の副作用についての研究. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)長寿・障害総合研究事業 「発達障害を含む児童・思春期精神疾患の薬物治療ガイドライン作成と普及」 平成28年度委託研究開発報告書: 262-268, 2017.

大竹裕美, 杉本篤言, 江川純: 児童・青年期患者における抗不安薬の副作用についての研究. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)長寿・障害総合研究事業 「発達障害を含む児童・思春期精神疾患の薬物治療ガイドライン作成と普及」 平成28年度委託研究開発報告書: 269-285, 2017.

吉永清宏, 杉本篤言, 江川純: 児童・青年期患者における睡眠薬の副作用についての研究. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)長寿・障害総合研究事業 「発達障害を含む児童・思春期精神疾患の薬物治療ガイドライン作成と普及」 平成28年度委託研究開発報告書: 286-299, 2017.

染矢俊幸, 須貝拓朗, 鈴木雄太郎, 森隆夫, 松田ひろし, 菅原典夫, 古郡規雄, 下田和孝, 尾関祐二, 岡本呉賦, 寒河江豊昭, 山崎學: シンポジウム: 統合失調症患者の身体リスクと外来・入院における差異: 医療体制の移行において配慮すべきこと. 日本精神科病院協会雑誌 (印刷中).

古郡規雄, 菅原典夫, 須貝拓朗, 鈴木雄太郎, 山崎學, 森隆夫, 松田ひろし, 岡本呉賦, 寒河江豊昭, 尾関祐二, 下田和孝, 染矢俊幸: 統合失調症と身体合併症(メタボリック症候群) -精神科医と当事者の認識の違い-. 日本精神科病院協会雑誌 (印刷中).

菅原典夫, 古郡規雄, 山崎學, 下田和孝, 寒河江豊昭, 森隆夫, 須貝拓朗, 松田ひろし, 鈴木雄太郎, 尾関祐二, 岡本呉賦, 染矢俊幸: 統合失調症患者のメタボリック症候群予防に関する研究 -栄養指導介入の結果-. 日本精神科病院協会雑誌 (印刷中).

須貝拓朗, 鈴木雄太郎, 山崎學, 下田和孝, 森隆夫, 尾関祐二, 松田ひろし, 岡本呉賦, 寒河江豊昭, 菅原典夫, 古郡規雄, 染矢俊幸: シンポジウム: 日本における統合失調症患者の身体リスクについて. 日本精神科病院協会雑誌 (印刷中).

菅原典夫, 古郡規雄, 山崎學, 下田和孝, 寒河江豊昭, 森隆夫, 須貝拓朗, 松田ひろし, 鈴木雄太郎, 尾関祐二, 岡本呉賦, 染矢俊幸: シンポジウム: 統合失調症患者のメタボリック症候群を予見する -目の前に居る当事者のリスクを考える-. 日本精神科病院協会雑誌 (印刷中).

鈴木雄太郎, 須貝拓朗, 山崎學, 下田和孝, 森隆夫, 尾関祐二, 松田ひろし, 岡本呉賦, 寒河江豊昭, 菅原典夫, 古郡規雄, 染矢俊幸: シンポジウム: 抗精神病薬多剤併用大量療法が統合失調症患者の心電図QT間隔に与える影響. 日本精神科病院協会雑誌 (印刷中).

染矢俊幸, 須貝拓朗, 鈴木雄太郎, 森隆夫, 松田ひろし, 菅原典夫, 古郡規雄, 下田和孝, 尾関祐二, 岡本呉賦, 寒河江豊昭, 山崎學: シンポジウム: 「抗精神病薬治療と身体リスク」に関する提言. 日本精神科病院協会雑誌 (印刷中).

渡部雄一郎: 統合失調症の発症に大きな効果をもつリスク遺伝子の同定と死後脳発現解析. 平成28年度公益信託加藤記念難病研究助成基金報告書 (印刷中).

BACK TO TOP