システム脳病態学研究推進事業

HOME > 教室のご案内 > システム脳病態学研究推進事業

 

システム脳病態学の確立とそれを用いた臨床研究推進事業

特任准教授 江川純

  本事業は新潟大学脳研究所・医学部・医歯学総合病院が合同で申請し、受理された文部科学省の概算要求特別経費プロジェクトです。これは新潟大学のミッション再定義(文部科学省HP)に沿ったプロジェクトであり、この結果により新潟大学の評価が左右される重要な事業と考えられます。

 本プロジェクトの目的は、ヒトの脳神経疾患を、脳の各部位の機能的な結合状態(システム)の異常として理解し、脳システム特性に基づいて正常と異常を鑑別する「システム脳病態学」という新しい学問を築くこと、そしてこの取り組みから得られる知見に基づく評価指針を基準に介入研究を行い、脳神経疾患克服へのロードマップを明確にすることです。

 この目的のために、精神医学、神経内科学、脳神経外科学などの臨床医学と統合生理学、分子細胞機能学、病態神経科学、神経解剖学などの基礎医学が密接に連携し、トランスレーショナル研究を展開します。本プロジェクトは、様々な分野の脳神経研究のエキスパートが一施設に所属し、緊密な連携をしながら研究を進めることが可能で、また発達や加齢による脳神経の継時変化を捉えることが可能なコホート研究基盤が確立しているという特色を備えた新潟大学でしか達成できないと考えられます。

 さらに、本プロジェクトはその過程から得られた最先端の知見を臨床の現場に還元し、科学的視点を持った臨床医を育てるための事業としての意義も併せ持っており、リサーチマインドをもった医師を一人でも多く育成できるよう、取り組んでいきます。

 貴重な人的資源、臨床情報、およびヒト生体資料など皆様のご協力により得られるリソースなくしては本プロジェクトの遂行は不可能です。何卒、皆様のご協力とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

BACK TO TOP